2010年3月23日

■ 近況と告知

GEIDAI ANIMATION 01+にご来場頂いた方。誠にありがとうございました。
大盛況のうちに無事終了する事が出来ました。

僕は担当で上映をする係として働いていた為、1年、2年の作品を何度も何度も観る事と成った訳ですが、自分が一つ超えなければ成らない壁に差し掛かっているのを痛感しました。

正に壁(Wall)ですね。いやはや。

衝突して挫けそうなのですが、今回芸大の他の作家達の作品を観ていて、他の作品から刺激を受け、自分の中で何かの『兆し』がありました。その『兆し』を、確かなものに成る様に、触ったり、見たり、嗅いだりしながら
今一度、この壁に挑もうと、いう所存でございます。

さて、今月の27.28日は博報堂の藤田純平さん(多摩美の大先輩)がプロデュースするアニメーションの映像祭があります。
『TOKYO ANIMA!』
↑こちらがHPです。
以下概要
-------------------------------------
アタマの中は、フィルムに撮れない。
だから人は、アニメーションをつくる。

ANIMATIONという言葉は、ラテン語のANIMA(魂)に由来する。つまりアニメーションとは、画面上の広大な世界に、命を吹き込む行為なのだ。想像でしか出会えない風景。新たな視点で覗く現実。それらに触れるとき、あなたは、新しい感覚を手に入れるだろう。現代アニメーションの最先端に触れる2日間が、今、始まる。

■主催:TOKYO ANIMA! 実行委員会、国立新美術館
■会場:国立新美術館 3階 講堂 ※入場無料(事前申込不要)
■展覧会公式サイト:http://www.tokyo-anima.com/

1.映像作品上映
3月27日(土) 15:00 〜 16:10,18:10 〜 19:40, 19:50 〜 21:20
3月28日(日) 14:00 〜 15:10, 15:20 〜 16:30, 16:40 〜 17:50

30人の若手映像作家の作品(新作含む)を上映。
現代アートアニメーションの最新ショーケース。

------------------------------------
僕も新作『Walls』を上映させて頂く事に成っております。
満を持してお送り出来る物ではないのですが
自分に取っての問題作だからこそ、色々な人の意見を聞きたいと思っております。
なにとぞ宜しくお願い致します。

2 件のコメント:

yutancoboi さんのコメント...

今年は広島出さないのですか??

ryo さんのコメント...

返事たいへんおそくなりやした。すんません!
今年の広島はダメだったんですけどね。
別の枠での上映はあります。ただ残念ながら予定とお金の問題で広島行けそうにないんです。うっ。