2009年10月16日

■ ユーリ来日


10月9日の事ですが。
芸大にユーリ・ノルシュテイン氏(Yury Norshteyn )が特別講義にやって参りました。

ノルシュテインさんはインディペンデントアニメーションの巨匠中の巨匠で、彼が1979年に発表した
『話の話』は、アニメーション史に残る作品と成りました。
多くの人が、今後『話の話』を超える作品は生まれないのではないかとささやきます。

そんなノルシュテインさんは今回芸大にて『アニメーション、詩、音楽』という議題で講義をして下さいました。
90分という時間には収まりきらず、2時間以上熱弁をしてくださいました。
すごく良い話しを聞けました。

僕は自分と、又は自分の作品と向き合う時、彼の言葉を思い出すでしょう。

0 件のコメント: