2009年3月30日

■ サードアート?イベントデザイン?パティーコモンヅ?

っていう絶対覚えられない名前のクリエイティブ系のイベントに行ってきました。松子デラックス?みたいな名前の六本木にあるクラブでの開催でした。
何故行ったかというと、9月に僕とオーケストラの2人、慶応の学生、ギャラリーバーのオーナーと手を組んで学生映像祭を主催する事になっているから、そのイベントの営業というか宣伝ですね。
あわよくば、集客、作品の募集なんかも出来ればと思って行きました。結構面倒くさいなとか思いながら行った割には、色んな人が居て勉強になった。作家の支援活動なんかをしている団体が他に2つもあった。交流をしてみて排他的な考えは良く無いのかなぁなんて思ったよ。芸術家(自分を含め)は、馬鹿だしワガママだからお金の循環とか全然考えてないし、セルフマネージメントとかよく解らないし。「コンテンツ」とか「アウトプット」とか横文字を並べられるとイラッとするし。それにピュアだから「ガッポリ稼ごう」とか「いい女と遊びたい」言われると引いちゃうし、あ、徐々に自分の話になって来た。とにかく、芸術以外の人種をもっと尊敬していかないと、そこに転がっているチャンスを潰しかねないと思ったわけです。
作家をバックアップするのは、作家ではなくそれ意外の人種である事を、忘れかけていたサッコン。
それに、ハッっと気付けただけで大きな収穫だな。

でも今日はつかれーた。

駄文長文失礼致しました。これでもはっ付けておこう!
僕のお気に入り動画。ニホンミツバチの勇姿を見てやって下さい。



最初に飛びかかった奴に拍手!ちなみに外来種のミツバチはこの『蜂球』という必殺技を使えません。ニホンミツバチだけの特殊能力なんですね。

0 件のコメント: