2008年12月29日

■ クソ餓鬼

頼んでおいた卒業制作用の曲の再録音データが届いた。
より生演奏っぽく、そして音質を上げてもらう様に頼んでおいたのだ。
ayoan igokahさんにnyoshiniという方を紹介してもらい技術的な面でサポートしてもらった。
とても良くなりました。音質も随分上がったですね。
テンポを局所的に振ってもらい、ペダルを使った様な表現も足してもらった。
抑揚や溜めが出来てよりリズミカルになったのでよかった。

しかし!
ラスト20秒のテンポが落ちている?というかピッチが落ちているのかな?
少し指がもつれている様な印象になってしまった。

ここは映像的にも魅せ場です。

したがって、3回目のクレーム。無理を言ってやってもらっているのに
マジで生意気なクソ餓鬼とは俺の事だね。
そろそろ言われそう。

本当に申し訳ないですが、しかしこんな所で妥協は出来ないですね。
再度改正版を作ってもらうしか無い。

それにしても時間が足りないですね〜。
人はなんで眠らなければいけないのか・・。
寝る間が惜しい!

時間なら有っただろクソ餓鬼!って聞かれれば
「別に・・・。」と返事をするでしょう。

提出まであと18日・・・・。
ブルブル・・・プケ。

3 件のコメント:

agoera さんのコメント...

できた作品をその人に見てもらえば、
直し甲斐あったと思ってもらえる
かもよー、なんてねー。

やばいねー。

おつくん さんのコメント...

あああー
がんばりいいい!

MITUBACHIO さんのコメント...

agoera
なんかね卒展に来てくださるようですよ。
やばいね。パニックだ。

おつくんn
ばばばばーりばーあーあーあー/