2012年4月13日

■ 教訓



これを残しておいて、計画性を持った制作の大切さを忘れない様にしたいです。
修羅場でした。

2012年4月2日

■ サルバドール・ダリの写真より



2009年、藝大の大学院で授業でLETAS Proというソフトウェアの演習がありました。
たしか一週間ほどの制作期間だったと思います。
その中で、僕はサルバドール・ダリの一枚の写真より着想を得て
「写真が記録した瞬間」の可逆性について興味を持ち実験をしました。

写真が持つ「時間感覚」は常に可逆のベクトルがあって、前にも後ろにも
見えない時間が存在する。
しかし、全ては過ぎてしまった過去であって、二度と取り戻す事はできないので
そこに「解釈」が生まれます。
とくにこのダリの写真は写真でしか現しようのない「瞬間」が記録されているので
それを分解して動かしてみると、それがどれほど奇跡的瞬間だったかが
よくわかります。

ちなみに「水」は時間がなくて描けませんでした。
いつか、このテーマと向き合ってみたいです。

video

2012年4月1日

■ プログラムオープニングアニメーションをアップロードしました。

2012年度東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 第三期修了展でのプログラムオープニング、ユーロスペースバージョンです。

監督・アニメーション/Director・Animation
:大川原亮/Ryo Okawara

音楽/Music
:羽深由理/Yuri Habuka

音響効果/SoundDesign
:滝野ますみ/Masumi Takino

彩色補助/ColorAssistant
:村本咲/Saki Muramoto


GEIDAI ANIMATION 03 TALK OPENING (EUROSPACE) from Ryo_okawara on Vimeo.




製作中は別件が重なり、かなりタイトなスケジュールで作りました。
アニメーションは自分でできましたが、仕上げの段階ではかなりの部分を手伝ってもらい
やっとの思いで完成。
すばらしい音楽も相まって、評判の良いオープニングに仕上がりました。
ありがとうございます。

これからもがんばります。